不動産担保ローンなら低金利【簡単に手続き可能】

男性

申し込み当日に融資が可能

カードローンは即日融資が可能ですし、収入があれば誰でも申し込みができます。信用情報にネガティブな情報がない限り借りることができるでしょう。人にお金を借りると信頼関係が崩れてしまいますが、業者を利用すれば問題ありません。

詳しく見る

財布

すぐに現金が手に入る

クレジットカードやキャッシュカードにキャッシング機能がついていればいつでも現金を手にすることができます。新しく申し込みをしたい人はネットを使えば簡単審査、即日融資が可能です。郵送物なし、カードレスで誰にも気づかれず利用することもできます。

詳しく見る

貯金箱

決済で気をつけたいこと

ネットショッピングをする際に決済を行っているのがクレジットカード決済代行会社です。不正利用などのネット犯罪を防ぐために、ネットショップがSSLやTLSを実装しているかを確認してから情報を送信しましょう。

詳しく見る

お金

定期的に情報を集める

フラット35での返済をずっと続けると利息の返済が大きくなるため、他の金融機関の住宅ローンへ借り換えを検討しましょう。効果を大きく実感できる住宅ローンを提供している金融機関の情報を逃さないためには、定期的に情報を集めることが大事です。

詳しく見る

男の人と女の人

多くのメリットがある

不動産担保ローンは所有している不動産を担保にして資金を調達する方法の1つです。メリットとしては低金利で高額の融資を受けられること、借入金の使途に制限がないこと、つなぎ融資としても利用できることなどです。

詳しく見る

担保と抵当権

ウーマン

住宅ローン完済前でも可能

土地や建物などの不動産の持ち主は、それらを担保にお金を借り入れできます。これは不動産担保ローンと呼ばれていて、有担保なので無担保の金融サービスと比較すると、多めのお金を低めの金利で借り入れできる点が特徴です。無担保ローンの場合は、融資額の上限が500〜1000万円ほどに設定されていますが、不動産担保ローンではそれ以上の額を融資してもらうことができるのです。不動産の価値によっては、億単位のお金を借りることも可能です。ただし不動産担保ローンを利用する場合、融資する金融機関は当然、担保とする不動産の抵当権を持つことになります。つまり万が一返済できない事態に陥った場合には、その金融機関が回収のために抵当権を使って不動産を売却するということです。所有していた不動産を失うことになりますし、住居や職場として使っていた場合は、立ち退きが要求されます。そのため不動産担保ローンは、自分が返済できる範囲で借り入れ金額を決めることが大事です。また不動産担保ローンでは、住宅ローンを組んで購入し、まだ完済していないという住宅でも担保とすることが可能です。たとえば半分ほど返済が終わっている場合には、それに釣り合う金額を融資してもらえるのです。ただしこの場合は、住宅ローンの契約をしている金融機関が第一抵当権を、不動産担保ローンの契約をする金融機関が第二抵当権を持つことになります。返済も二箇所に行うことになるので、より計画的な利用が必要となります。

おすすめ記事一覧

申し込み当日に融資が可能

男性

カードローンは即日融資が可能ですし、収入があれば誰でも申し込みができます。信用情報にネガティブな情報がない限り借りることができるでしょう。人にお金を借りると信頼関係が崩れてしまいますが、業者を利用すれば問題ありません。

詳しく見る

すぐに現金が手に入る

財布

クレジットカードやキャッシュカードにキャッシング機能がついていればいつでも現金を手にすることができます。新しく申し込みをしたい人はネットを使えば簡単審査、即日融資が可能です。郵送物なし、カードレスで誰にも気づかれず利用することもできます。

詳しく見る

決済で気をつけたいこと

貯金箱

ネットショッピングをする際に決済を行っているのがクレジットカード決済代行会社です。不正利用などのネット犯罪を防ぐために、ネットショップがSSLやTLSを実装しているかを確認してから情報を送信しましょう。

詳しく見る

定期的に情報を集める

お金

フラット35での返済をずっと続けると利息の返済が大きくなるため、他の金融機関の住宅ローンへ借り換えを検討しましょう。効果を大きく実感できる住宅ローンを提供している金融機関の情報を逃さないためには、定期的に情報を集めることが大事です。

詳しく見る