事務所をゲットする

オフィス確保に係る初期費用、維持費を節約

できるだけ安い費用で事務所を借りたい、たとえ小さくても都心にオフィスを確保したい、そんな希望を持つ人たちにぴったりなのが、レンタルオフィスです。 レンタルオフィスは交通の便が良い都市部に立地する賃貸オフィススペースです。それだけなら一般の貸事務所と変わりませんが、異なるのは机や椅子、電話、インターネット環境など、執務に必要な什器や機能があらかじめ整っているという点です。そのためオフィス確保に必要な初期費用を大幅に節約することができるというメリットがあります。また広さも大きくてもせいぜい定員10名程度、中には1名用という物件もあるので、一般の賃貸物件では広すぎて賃料が無駄になってしまうと考えている小規模事業者にとってはランニングコストの節約も実現できます。

ビジネスを支援するオプションサービスも

現在は起業・創業ブームのおかげてスモールオフィスの需要が高まっており、レンタルオフィスの供給数も年々増加しています。また、それにつれたサービスの多様化も目立つようになっています。 一例を挙げれば、秘書代行サービスとの融合です。代表者個人ですべてを行っているような事業者の場合、本人が不在だと業務がストップしてしまいます。そこで、本人に代わって電話の受け答えをしたり、郵便物を転送したりするサービスを付加することで、小規模事業者を支援しようというのです。 また、さらに踏み込んだサポートを提供しているレンタルオフィスもあります。税理士などのエキスパートと顧問契約を結び、テナントからの経営相談や業務支援要請などに対応するというサービスがそれです。

このエントリーをはてなブックマークに追加