不動産担保ローンなら低金利【簡単に手続き可能】

決済で気をつけたいこと

貯金箱

暗号化はもはや必須条件

現代では使わない人の方が珍しいほどに主流の決済方法となったクレジットカードですが、ネットショップとクレジットカード会社の間に入り手続きしているのがクレジットカード決済代行会社です。ハイセキュリティシステムの構築が不可欠なため、コストや手間などを考えるとネットショップとクレジットカード会社が直接契約することは困難です。それでクレジットカード決済代行会社が、確かなセキュリティシステムをもって間に入っているわけです。それでも起きてしまうのが、個人情報の流出や不正利用などの被害です。クレジットカードから読み取れる個人情報には、クレジットカード番号や有効期限、クレジットカード名義の他、セキュリティコードも挙げられます。これらの個人情報が第3者に漏れてしまうと、不正に利用される危険性があります。請求が来るのは1、2ヵ月後が一般的ですから、結構な時間が経ってから不正利用に気付く人がほとんどです。ネットショッピングでクレジットカード決済代行を利用する場合は、そのサイトが信用に値するかどうか決済前に考える必要があります。ほとんどのネットショップやクレジットカード決済代行会社はSSLやTLSを実装しているので、そこをチェックするのが手っ取り早い方法です。SSLやTLSはコンピューターからサーバーへのデータ送受信を暗号化してくれ、ハッカーなどから守ってくれます。URLがhttps://から始まるようであれば、SSLやTLSを実装しているということです。

おすすめ記事一覧

申し込み当日に融資が可能

男性

カードローンは即日融資が可能ですし、収入があれば誰でも申し込みができます。信用情報にネガティブな情報がない限り借りることができるでしょう。人にお金を借りると信頼関係が崩れてしまいますが、業者を利用すれば問題ありません。

詳しく見る

すぐに現金が手に入る

財布

クレジットカードやキャッシュカードにキャッシング機能がついていればいつでも現金を手にすることができます。新しく申し込みをしたい人はネットを使えば簡単審査、即日融資が可能です。郵送物なし、カードレスで誰にも気づかれず利用することもできます。

詳しく見る

決済で気をつけたいこと

貯金箱

ネットショッピングをする際に決済を行っているのがクレジットカード決済代行会社です。不正利用などのネット犯罪を防ぐために、ネットショップがSSLやTLSを実装しているかを確認してから情報を送信しましょう。

詳しく見る

定期的に情報を集める

お金

フラット35での返済をずっと続けると利息の返済が大きくなるため、他の金融機関の住宅ローンへ借り換えを検討しましょう。効果を大きく実感できる住宅ローンを提供している金融機関の情報を逃さないためには、定期的に情報を集めることが大事です。

詳しく見る